企業が求める人材と転職サイトの活用法

3.企業の求める人材

 企業が求める人材は優秀で技術力のある人と思いがちですが、本当にそうでしょうか。実際働いてもらう上で、個々の職場事情もあるでしょうが、あまり技術ばかりを捉えているものとも言えません。あまり自分のやり方に固執されても困るものです。その場に適応できる柔軟性も必要です。適度に技術があり、その上で人間関係がスムーズに行くことも大切です。

 そして何より本人に信頼が持てること。そして自分たちの会社に対してどのくらい積極的な気持ちで働いてもらえるのかという事もあります。こうした場合において、何を置いても前向きな気持ちです。誰にでも長所短所があり、その表現方法も様々です。しかし志望する会社への前向きで強い思いは、どこからとなく相手側に伝わっていきます。

 自己中心的なのか、会社の事を思い動けるのか誰でも関心のあるこうした部分がそうした態度から読み取れるのです。気負わずに何より前向きな姿勢で自分の目線でのメッセージを伝えること、それが相手の会社にとって良い印象を持てるもなら、おのずと道は開けていくのではないでしょうか。

4.幅広く可能性を探る転職

 転職を目指すための媒体は様々あります。では何を利用するのが良いのでしょうか。まず30歳の転職で考えるのはステップアップ、自分の可能性を認めてもらえる職に就きたい、あるいはもっとグローバルな活動が出来る仕事に付きたい等々、きっと高い志があるのではと思います。それがこの年代での転職の意味としては大きい筈です。

 どうしたらもっと自分を行かせる場所に辿り着けるかと誰でも考えますが、その辿り着けるチャンスはあなたの行動力やその速度でも違ってきます。チャンスはどこに転がっているか分からないからです。まずネットの転職サイトを利用し、幅広く探してみることです。自分の身近で探すより、各段に可能性が広がります。自分の才能や技術を生かす転職を望むには、やはりそれなりの情報を手にすることが大切なのです。自分の可能性を信じて、幅の広い活動が出来る転職サイトを活用してみましょう。もっと評価してもらえる次のステージを探してみてください。30歳という年齢はそれが出来る年齢なのです。

5.転職サイトでワンランクアップの転職

 今回転職を考えるようになってから、知人に頼む事の他ハローワークでという事も考えたのですが、何処に情報があるか分からない時代です。やはり細かな情報収集が必要だなと考え、就職サイトでの活動をしました。やはり自由に情報が摂れるサイトは、必要枠だと実感しました。自分が思っていたより幅の広い領域での仕事探しが可能だったことが良い結果に繋がりました。お蔭で、前から注目していた会社に駄目元で挑戦し、採用通知を貰うことができました。

サイトでの転職の利点

 転職にはまず、チャンスを掴むこと。そのためにはサイトが最適のツールです。転職を考えるなら、まず沢山の情報を早く得ることから始めるのが得策なのです。誰もが欲しがる情報は、どこに転がっているか分かりません。自分の未来を決めることですから、誰よりも迅速に手を打つことで掴めるものがあります。狭い領域ばかりに目を捕らわれないで、自分を活かせる職場探しをしてください。そのためにはいつでもどこからでも情報が手に入れられる転職サイトを利用するのが不可欠です。


30_new2

リクナビNEXT
nextsam2
next-syosai


リクルートエージェント
agentsam2
agent-syosai
利用者の声
良かった
30歳での転職は、自分の将来を決める重大な決断なので、プロの客観的な視点でアドバイスが欲しいと考えていた。リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、転職市場にも業界の動向にも精通しており、現在だけでなく、将来を見越したキャリアプランについて、アドバイスをくれる。自分では気づかなかった強みを引き出してもらい、自信にもなったので、勧められた求人は迷わず応募しようと思っている。
良かった
リクルートエージェントで一番参考になったのは、エージェントレポートでした。通常の企業研究では得られない、社風や選考のポイント、すでに入社した先輩の声などは、応募書類を作成するうえでも、面接の準備をするうえでも、とても参考になりました。自分のアピールポイントが、社風に合っていると知ったのは、気持ちを楽にしてくれました。入社日や条件の交渉もお願いできたのも、ありがたかったですね。
普通
30歳でキャリアチェンジをしたいなら、リクルートエージェントは強い味方になってくれると思う。だが、30歳でキャリアを再構築するということは、キャリアアップにはブレーキになってしまう。そうした転職にまつわるさまざまな相談に、キャリアアドバイザーがのってくれるのは、本当にありがたい。とはいえ、在職中の転職活動だと、どうしてもカウンセリングできる時間も限られるし、パーソナルデスクトップでかろうじてつながっている感じがしないでもない。


6.終わりに

 転職を最善のチャンスにするために転職はこれからの自分の未来をどういった形にできるのか大事な選択であり、次のステージを自分の判断で作れるチャンスの一つです。良いチャンスは逃してはもったいない。是非とも、転職という節目で良い好機を手にしてください。それでもそれを出来ない人と出来る人に分かれます。それはその転職に対する前向きな気持ちと行動力です。
 
 そして情報の収集にもポイントがあります。そして就職するためのノウハウをきちんと理解し、実行する事です。そうした積極的な気持ちを持つことが転職でステップアップ出来る第一段階です。誰しも人には負けたくはないですし、より高収入の所へと努力するのですが、少しの努力の掛け方あるいは方法で、180度立場が変わります。

 万が一、失敗したとしても決して諦めず、常にポジティブな気持ちを忘れず、次へ次へと立ち向かってください。諦めない気持ちこそ、次の良い結果を生みます。そして常に情報を取ることを忘れないで、書類作成などの細かな準備にも心を配り、しっかりと頑張りましょう。