企業視点が読み取れるようになるためのポイントとは?

企業視点が読み取れるようになるためのポイントとは?

 30歳でキャリアアップのための転職を実現しようと思ったら、入社したい企業が明確になるはずです。希望する企業から内定をもらうためには、企業視点を読み取り、そこに答えるスキルがあることをプレゼンしなければなりません。では、企業視点を読み取るための方法には、どんなものがあるのでしょうか。

 企業が採用にあたって、採否の指標とする基準は3つに大別されます。「職種適応性」「個人の志向性」「スキル」です。

 「職種適応性」は、募集している求人に対して、必要な資質を持っているかどうかです。仕事には向き、不向きがありますので、30歳であれば、ミスマッチのない応募ができるはずです。

 「個人の志向性」とは、応募者の仕事に対する姿勢や働き方の希望、どんな価値観を持っているかです。中途採用者であれば、企業風土と個人の価値観がマッチしていると感じられるかどうかは、採否の重要なポイントになります。

 「スキル」は、これまでのビジネスマンとしての経験において、何ができて、どんな知識や技術、資格を身につけてきたかです。中途採用は、応募職種の専門スキルがあることが前提になります。

 項目は同じでも、企業ごとに重視することや評価基準が異なるので、自分がアピールすべきポイントは何かを知るためにも、しっかり企業研究をしておくことが前提です。企業研究を行い、企業理念や将来のビジョンをどう設けているのか、ここ数年の業績や職場の平均年齢、平均在職期間などから、30歳の自分が求められるものは何かを、自分なりに考えることが大事です。自分が応募しようとする企業が求める人物像がイメージできれば、応募書類の作成にも、面接にも役立てることができます。

 また、企業が求める人物像にマッチする資質が自分にないと感じたら、書類選考を通過するのも難しいと思うので、その求人を諦めて、自分に合ったものを探すという判断もできるようになります。30歳は転職市場で人気が高いですが、キャリアアップのための転職は短期決戦が原則です。企業に必要とされて、自分もキャリアアップできる、そんな転職を実現するためにも、企業視点を常に意識するように心がけましょう。