企業視点の基本

企業視点って何?

 転職活動においては、企業視点を知ることがとても大事です。30歳ともなると、それなりに社会人としての経験や知識を身につけており、即戦力となるケースもあります。しかし、企業が掲載している求人情報というのは様々あり、自分が希望しているものとマッチしていないと、なかなか就職を成功させるのは難しいです。

 企業は人材を採用する上で企業の考え方や見方で採用します。その企業の視点を見抜くことが大切なのです。企業視点は、会社の経営方針や理念などから読み取ることも可能ですし、募集内容からどういった人材を募集しているのかといった企業視点を知ることができます。もちろん転職においては自分の視点も大事ですが、それよりも企業視点で考えて、その内容にマッチしていることが大切となるのです。

企業視点の基本「3つのC」とは?

 企業にとってとても重要なのが3Cです。当たり前のように使っている言葉なのですが、顧客、競合、自社といった意味があります。英語の頭文字が全てCとなるために3Cと呼ばれているのですが、企業によってこれらがないと成長していくことはありません。企業には顧客がいないと何もできません。ものを販売する会社であればそれを購入する人、サービスを提供する会社であればサービスを受ける人、こういった人がいて初めて成り立ちます。

 また、競合相手がいなければ成長することはありません。お互いに競い合うからこそ企業は成長していくものです。最後に自社に対してになりますが、自分の会社がいいかげんなほど上手くはいかないでしょう。この3Cはいずれも企業には欠かせないとても重要な要素となっています。そのため、転職活動をするにあたっても3Cが大事な要素となっており、そのことを頭に入れて企業分析を行っていくと、より効果的な転職活動をすることができるでしょう。

 転職してから企業について知っていくのではなく、応募する時点で企業について知ることが、転職を成功させるコツと言えるでしょう。どんな会社にも3Cというのは当てはまります。よって、企業分析をする際には、まずこの3Cから調べてみるのが良いです。そこから自然と企業について分かっていくでしょう。