求人サイトを活用しよう!

求人サイトの活用術

 30歳に限らず、現代の転職活動の基本は、求人サイトを活用することです。求人サイトとは、企業がウェブサイトへの広告掲載費を支払って、一定期間、自社の求人情報を公開してもらうことで成り立っています。そのため情報が新しいこと、求人サイトとしては応募者をたくさん集めたいので、さまざまなコンテンツを無料で公開していることから、情報源としても活用する価値があります。

 30歳で転職活動を始めようと思うなら、まず、求人サイトに登録し、自分の転職市場での価値を把握することから始めましょう。年齢や業界、職種などの人気ランキングを見たり、業界別の求人動向を知ることで、転職活動をスタートすべきタイミングを見計らうこともできます。

 また、求人サイトでは大抵、スカウトサービスを用意しています。これは、登録者がこれまでの経歴をレジュメにして公開することで、企業からのスカウトを待てるというシステムです。自分で求人を検索して応募するよりは、自分に興味を持ってくれる企業に応募する方が、面接まで進める可能性が高いです。活用できるものは、何でも活用すると決め、隅々まで目を通すようにしましょう。

求人サイトを活用するメリット・デメリット

 では、求人サイトを活用するメリットとデメリットについて、考えてみましょう。まずメリットですが、自分の希望の条件を登録しておけば、定期的にマッチする新着情報が届くので、求人を探しやすいことがあげられます。

 また、求人サイト内には職務経歴書の作成ツールや、登録レジュメのチェックツールなどが搭載されており、それを活用すると短時間に内容充実の書類作成をすることができます。また、掲載企業へのエントリーが、ワンクリックでできるのも魅力です。

 反面、デメリットとしては、居住地域や職種によっては求人数が少ないことがあったり、転職エージェントのように個別の相談に乗ってもらえないことがあげられます。情報収集の場としてはとても役立ちますが、きめ細かなサポートは期待できず、すべてが自己責任となります。ですが、在職中に転職活動をするひとには、空き時間に簡単にアクセスできて、短時間で転職活動を進められる求人サイトにはプラスの方が多いです。必ず登録するようにしましょう。