転職活動のスケジュールを立てよう!

転職活動のスケジュールを立てる

 30歳で転職活動を始めるなら、在職中にスタートすることをおすすめします。転職活動には時間も費用もかかるので、生活の心配がない状態で臨む方がよいですし、何より履歴書や職務経歴書にブランク欄がない方が、書類選考通過率がアップします。

 とはいえ、退職にあたっての引継ぎ期間なども考慮しなければならないので、しっかり転職活動のスケジュールを立てておくことをおすすめします。

スケジュールを立てるメリットとは?

 転職活動のスケジュールを立てるメリットとしては、目的意識をもって取り組めることがあげられます。また、あらかじめ計画をたてておくことで、やるべきことを期日までのやろうという指標ができますし、計画にズレが生じたときには、活動自体を振り返ることもできます。

 転職活動は3~6カ月が勝負と言われており、集中力をもって取り組むことが前提です。まして、キャリアアップのための転職を目指すなら、時間を有効活用できないようでは、話になりません。当然、実行可能なスケジュールを立てるようにしましょう。

スケジュールを立てるコツとは?

 転職活動のスケジュールは、自分が目標とする内定日を設定することから始め、そこから必要な日数を逆算してたてていきます。転職サイトなどで、自分と同年齢、同職種のひとが、どれくらいの期間で転職しているかを参考にしながら、スケジュールを立ててみましょう。とはいえ、実際に活動を始めると、想像していた通りには進まないのが普通です。

 書類選考通過率が悪かったり、面接まで進めても内定がもらえなかったりするのは、転職活動のどこかに問題があるからです。30歳でキャリアアップのための転職を目指すのであれば、しっかり企業研究をしたうえで、応募する会社に合った書類を作成しなければなりませんから、同時に複数の応募ができないなど、自分のペースによる見直しが必要なこともあります。

 また、面接まで進むのに不採用になってしまうのは、応募書類と面接での自己PRなどに相違があるケースが多いです。そうした自分の反省点をチェックし、こまめに改善していると、スケジュールにズレが生じることもあります。臨機応変に対応しながら、内定を目指しましょう。