30代に求められるものとは?

30代前半に求められるものとは?

 転職市場では、30代の人気の高さは根強いものがあります。企業サイドから見ると、30代には即戦力となりうる専門スキルとともに、成長できるポテンシャル、再就職先の企業カラーに染まることも変えることもできるフレキシビリティーがあることが、魅力といえるでしょう。ですが、30代の前半と後半では、求めるスキルが異なります。

 では、30代前半に求められるものは何かというと、まず明確なキャリアビジョンを持っていることです。キャリアビジョンがあるひとは、転職の目的がきちんとあり、応募企業で何をすべきかをきちんと考えています。

 そのため、業務改善やリーダーシップの発揮など、主体的に取り組もうという姿勢や実績が採否の評価に影響します。将来の幹部候補として、業務の中核を担える素養があることが、企業にとって採用の決め手になるといえるでしょう。もちろん、即戦力として企業に貢献できる実績も大事ですので、具体例をあげて説明できるように準備しておきましょう。

30代後半に求められるものとは?

 30代も後半になると、求められるのは個人の能力だけではなくなるケースがほとんどです。当然、人件費に見合う成果をあげられる専門スキルがあるのが前提なのですが、入社後に企業に利益貢献できるノウハウや人的ネットワークがあるか否かで、評価が大きく分かれることになります。

 また、30代後半は遠くない将来、管理職として組織運営することが求められるものです。これまで横断的なプロジェクトなどを進めた経験の有無、組織内でリーダーシップを発揮した実績など、新しい環境で業務改善を推進できるスキルを求められることが多いです。

 個人の実績だけではなく、周囲に働きかけることで、組織で成果をあげられる人材であれば、企業はのどから手が出るほど欲しいと思うものです。ここで必要となるのは、上司と自分より若手のメンバーの間に入って、業務が円滑に進むように調整できるスキルです。

 つまり、30代後半は業務上の専門スキルだけでなく、協調性やコミュニケーションなどのヒューマンスキルをアピールすることも大事だということです。その場合も、具体例をあげて説明できるように、しっかり準備しておいてください。