カテゴリー別アーカイブ: 未分類

30歳からの転職先の選び方

1.自分を最大限に生かせる転職時期

 終身雇用が一般的だった時代はすでに過去のものとなりつつある現在では、自分自身の長い社会生活を見直し軌道修正する時期がどうしても必要です。学校という場面から社会に送り出されて企業と出会い就職するのですが、それは結婚も同じでミスマッチが全く無いとは言い切れません。そしてその答えは誰かが教えてくれるものでもありません。

 自分で振り返り考慮し、決断しなくてはなりません。その考慮する一番良い時期が統計的にも30歳を軸とする前後5年前後とも言えます。今の状況でステップアップが本当に可能であるのか、自分の将来が本当にこのままで良いのかという事を考えるには、あまり年齢が遅くなってよりこの時期に思い起こしてみるのが、今後の長い人生を送る上でとても必要なことです。

 そして何より、30歳前後はそれが最大限リスクが少なく修正可能な時期でもあります。これ以降の長い社会生活を決めるターニングポイントの時期なのです。もし今30歳という節目の時期に居るのなら、自分を売り込める最大のチャンスの年齢であることを考えてみてください。

2.30歳は転職絶頂期

 アメリカ等では労働力は流動的で転職は当り前というように誰も思いますが、それでも年齢的に高くなってくるとその流動性は減少すると言います。若い頃に自分の落着き場所を模索し、自分の可能性を最大限確かめ、やがて自分に合った職場に落ち着いていくものかもしれません。

 日本でもこれと同じことが出来るかと言えば、事情はやはり少し異なります。そんなに頻繁に移動していると仕事が長続きしないのではないかと思われるからです。それによって人の見る目も悪くなります。
それなら自分が転職してステップアップ出来る時期を探るべきです。それが30歳前後です。この年齢はある程度の社会経験を積み、なおかつ行動力もあり、転職で良い社会的評価を受けることのできる年齢です。

 社会生活で最も自分を生かす仕事につける強みを持っているこの時期は、チャンスを試す絶好のタイミングとなります。せっかくのこの時期を逃さぬよう、常にアンテナを張り自分の良いチャンスを掴んでください。