カテゴリー別アーカイブ: 転職準備・進め方

転職でも仕事でも結果を残したいなら体調管理を徹底すべき

健康でこそ発揮される最高のパフォーマンス

 最高のパフォーマンスというのは、心や身体が健康である状態でこそ発揮されるもの。それは、転職活動の中でもそうですし、もちろん仕事でも同じことが言えるはずです。

 30歳を過ぎている社会人であれば、それは既に自覚していることでしょう。もしまだ自覚していないのであれば、今すぐにあなたの頭の中を更新し、「最高のパフォーマンスを出すために体調管理をすべきだ」という意識を定着させておいてください。

 体調が悪ければ、面接時にそれは採用担当者に伝わってしまうはず。仕事をしても集中力が欠如し、ミスを起こしてしまいかねません。転職活動や仕事というのは、健康であることを前提に行うべきものなのです。

ストイックになり過ぎない

 体調管理には、あらゆる意識が必要になります。その中でも忘れられてしまいがちなのが、“ストイックになり過ぎないこと”なのかもしれません。

 ストイックになることは素晴らしいことでもあるのですが、それが度を過ぎると体調不良の原因になりかねないのです。転職活動や仕事に一生懸命になり過ぎ、極端に短い睡眠時間で毎日を過ごすようになれば、それは心も身体も壊しかねないでしょう。食事を疎かにすることも同じ。息抜きを忘れてしまうのも、やはり健康には悪い。

 体調管理ができる人は、ストイックになるべき部分と抜く部分、そのバランスの取り方が上手であるとも言えるのかもしれません。あなたもそうした社会人を目指すべきでしょう。

体調が悪い原因を突き止めよう

 体調が悪くなった時というのは、体調管理の精度をさらに高めるためのチャンスです。ただ体調が良くなるのを待つのではなく、なぜ体調を崩してしまったのかについて考えるようにしてください。

 その原因をはっきりとさせておくことで、同じ理由で体調を崩すことを避けられるかもしれません。その積み重ねによって徐々に体調不良の原因を日々の生活から取り除くことができ、常に健康な状態を維持できるようになるはずです。



【参考記事】
30歳の自己分析はどうすればよいのか
30歳の企業研究について
30歳の市場価値について
30歳の休職中の転職活動は非常識で危険な行為と言われる理由